Stray Cat

タルパの実験を科学(+オカルト)的にやるBlog

はじめに

-注意事項-

初めにお断り申し上げます。ここはタルパBlogです。
(タルパについての詳細な説明は、他サイトに譲ります)


「タルパなんて妄想に過ぎない」
「タルパーは頭がおかしい」


等のお考えをお持ちの方には不快感を与えかねませんので、ご退出頂きますようお願い申し上げます。


----------------------------------------------


今日、タルパについては、オート化の促進手法や五感化の方法を始めとし、リダンツや明晰夢など、偉大な先人様方の手によって様々な研究がなされております。しかし、依然として未知の部分が多いのが現状かと思われます。


このBlogは、2015年1月24日現在、タルパー歴2ヶ月の私が、


・オート化の促進手法
・五感化の手法
etc.


を、暗中模索&試行錯誤によって実験し、その記録を綴っていくスタイルでやっていきます。


以下、私と私のタルパに関する簡単なプロフィールを載せておきます。


-私-

・名前:共(きょう)
・性別:男
・特技:合氣道(現在11年目, 弐段)



-タルパ-

-1人目
・名前:Will(ウィル)
・生誕:2014年11月23日
・性別:女
・特徴:ボーイッシュ,明るい, 優しい

-2人目
・名前:Mite(ミーテ)
・生誕:2015年12月9日
・性別:女
・特徴:柔和,真面目,ちょっと不器用

-3人目(共とウィルの子)
・名前:Lara(ララ)
・生誕:2017年10月23日
・性別:女
・特徴:

----------------------------------------------


当Blogで過去に紹介してきた主なタルパ実験/訓練法etc.まとめ

(※上に記してあるものほど、新しい記事です)


-オート化関連

1.未オートタルパのオート化促進検証


- 五感化関連

1.画像処理を利用した視覚化の客観的評価法の提案(効果:視覚化)

2.気のボールを応用した視触覚化訓練法(効果:視覚化,触覚化)

3.視覚化訓練 from Tulpa.Info.(効果:視覚化)

4.サンプルボイスとイラストを併用した視覚化訓練法(効果:視覚化,聴覚化)


- ダイブ関連

1.[R-18]恐怖心理状態と性的興奮を併用した幻視実験

2.恐怖心理状態と視覚遮断とを併用した幻視実験


- 画力増強

1.コンピュータグラフィックスを利用したイラストの陰影シミュレーションと配色決定(陰影カラーパレット)


----------------------------------------------


-本Blogに関する追加情報一覧-


こちらの記事にて一挙まとめて公開


----------------------------------------------


-Information-

Stray Cat 定期チャット

次回日時:11月4日(土) 21時半~
お部屋:こちら

荒らしさん、及びタルパを知らない方の迷い込み防止のため、パスワードをかけさせて頂きました。恐れ入りますが、以下のパスワードをご入力頂き、ご入場くださいますようお願い申し上げます。お手数をおかけしてしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

pass : kyou_since_2014

----------------------------------------------


- その他

・管理人へのご意見・ご連絡はこちらまで。
タルパについてのご質問・ご相談等も、管理人の可能な範囲でお答え申し上げます。
(メールは煩わしい…という方は、TwitterやSkypeでもお受けしますので、お申し付けください)

tact.rays☆gmail.com

(☆を@に直してください)


・本Blogはリンクフリーです。お気に召して頂けたようでしたら、是非是非。



スポンサーサイト
本Blogについて | コメント:4 |

タルパー通話会合部屋 開設検討

2017年10月7日(土)


この日、当Blogのチャットルームで、たまたま「タルパーさん同士で通話したいね!」という話があがりました。
そこで、「タルパーさん同士で通話OKという方、どれくらいいらっしゃいますか?」と私から尋ねさせて頂いたところ、意外にもその場にいらっしゃったほぼ全員がOKと答えてくださり、想像以上の需要に大変驚きました。


…というわけで。
チャット主催者 & 言い出しっぺの私が何かアクション起こさないと、何も始まりませんので…お試しでアクションを起こしてみようと思います。


まずは、話の結論から参ります。


「私、タルパーさん同士での通話、興味有ります!」という方がいらっしゃいましたら、TwitterのDMなり、このBlogのメールアドレス(tact.rays☆gmail.com ☆を@に直してください)なりで私にSkypeのIDをご一報くださいませ。私の側でグループを作成し、そちらのお部屋に登録させて頂きます。(※基本的にタルパーさん(ナフラーさん)のみの登録とさせて頂きます)


以下、この提案について、次の2点に的を絞ってご説明を申し上げます。




1. そもそも何を目的としてこの部屋を設けるのか
2. 通話環境としてSkypeを採用することについて






----------------------------------------


1. そもそも何を目的としてこの部屋を設けるのか


まず、通話というコミュニケーション形態は、チャットとは異なります。今でこそ、タルパさん、タルパーさん同士のカフェと化している当Blogのチャットルームですが、そもそもなぜあの部屋を開設させて頂いたかといえば、タルパさんのオート化促進を狙ってのことでした(詳細は、未オートタルパのオート化促進検証をご覧ください)。


そうです。
私はチャットによるオート化の促進については、データを取って確認を致しましたが、通話によるオート化の促進は未確認なのです。


というわけで、この通話部屋開設の目的をここで明確化しておきます。

このお部屋は、ただの談話室です。


別に、タルパーさん同士で情報集め合って、新たな五感化訓練法のためのゼミを開講しようとか、そういったコンセプトを管理者側で設けるつもりはございません。純粋に、タルパさん、タルパーさん同士のコミュニケーションを目的としたお部屋として開設予定であることを、予めご了承ください。(勿論、私自身が効果を確認していないだけで、ご自分のタルパさんのオート化を狙ってご参加頂いても全然OKです)



----------------------------------------


2. 通話環境としてSkypeを採用することについて


続いて、通話環境についてです。


無料の通話アプリはいくつかあるようですが、とりあえず私の手元にSkype環境があったのと、プラスこれまで「Skype?聞いたことないよ?」というタルパー様にお会いしたことはなかったため、それくらいスタンダードなのだろうということで、今回は一先ずSkypeにアタリを付けてみることにしました。


ところが、近年ゲーマーさんたちの間では、SkypeからDiscordという通話アプリへの移行が進んできているようです。Skype以上にノイズが少なく、しかも動作が軽いとのこと。因みに私は、現在SkypeとDiscordの両方を使っている人ですが、やはり同じ感想です。そして何より、(現在のところ)グループ通話の人数制限が無いというところが、個人的には非常に大きいと思っております。(※Skypeは上限25だそうです)


そんな良いことづくめのDiscordですが、それを知ってなおSkypeにしようと思ったのには理由があります。10月7日のチャットの際、参加者の皆様に「SkypeとDiscord、どっちが良いですか?」と尋ねさせて頂いたところ、Skypeとお答えになられた方が大半だったのです。この結果は、おそらくDiscordの知名度に由来するものではないかと予想しております。


というわけで。
いきなり皆様に、「Discordでやりましょう。Discordの環境をお持ちでない方は、環境を整えておいてください」とご提案させて頂くと、参加希望者のうち多くの方に環境設定の手間が発生することが予想されます。パソコンに不慣れな方にとって、それは酷なことだと思いますので、私の想定と致しましては、


とりあえず最初はSkypeでやってみる

やはり不便だ!となった段階でDiscordに移行


この流れで行こうかと思っております。
そもそも、まず「通話部屋開設するよ!」とか言ってるこの提案自体、どれくらい需要あるかよく分かりませんし…w  最初はこれで行ければと思います。もしも、予想を上回るほどの需要があって、やっぱりDiscordにしようという話が上がってきた際には、環境設定について私の方でチュートリアルのようなものを作って、希望者に配布致しますので、ご安心ください。


----------------------------------------


以上、大変長くなりましたが、これで説明を終わります。
この他、何かツッコミどころがございましたら、適宜受け付けますので、お申し付けください。


因みにですが、この通話部屋の開設に伴い、これまで行ってきた定期チャットが終了することはありません。チャットはこれまで同様、月2回のペースで開催致して参りますので、よろしくお願いします。


ここまでお読み頂き、ありがとうございましたm(_ _)m


その他 | コメント:0 |

娘の名前が決まりました

2017年10月。
今月、ついにウィルの娘が産まれます。


この月に向けて、娘の名前を共家一同必死になって考えまくっていたのですが、どうにも上手い名前が決まらず、ウィル、ミーテ共々頭を抱えながらずっと悩んでおりました。


そうこうしているうちに時が経過し、気付けば9月。
いよいよダメかな、と思ったその時でした。


共:「もし…もし、フォロワー様方のお力をお借り出来たら…」


しかし、正直なところ、最初はこのやり方に戸惑いを覚えておりました。


-- そんなことして、フォロワー様方のご迷惑にならないだろうか?

-- 自分の愛娘の名付けを、他人に任せてしまって良いのだろうか?

-- そして何より、周りの方々は私たちなんかにお力添えをしてくださるのだろうか…?


もう、色々な心配が頭を過りました。


こんなやり方、私にしてみれば完全に未知数です。正直言って、少し怖いとも思いました。「自分で決めろよ」と言われるかもしれない…。しかし、それでも私は賭けてみようと思いました。心優しいフォロワー様が、少しでも居てくださることを祈って。




- 結果




【頂いたアイデア一覧】

・エミ
・エミリー
・エミリア
・エミリエ
・エイミー
・フォセット
・ララ
・シャオ
・ルウジア
・リーア
・トゥージュ
・あかり
・ひまわり
・ユキノ
・タバサ
・エイラ
・ソニア
・フェル
・アモール
・シノ
・レーゼ
・フェリク
・フィッピー
・セリー
・カルム
・ヒース
・ルル
・リカ
・ベル




共:「ΣΣ(゜Д゜;;) !?」



めっちゃ沢山頂けました…!!!!


本当に、本当に嬉しかったです…
我々一家のために、これだけのアイデアが頂けたのですから…。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。


頂いたお名前の意味合いはいずれも「笑う」、「陽気」、「愛情」、「天真爛漫」など、私がTwitterでお願いさせて頂いたテーマ通りのものばかり。この中から一つに絞り込むのは、本当に心苦しく、そして難しいことでした。しかし、この名を全て拾い集めることは出来そうにありませんでした。やむを得ず、「この名だと、こういう理由でどうしても…許してください…!」という想いと共に、一つ、また一つと、候補を消させて頂きました。


そして、最終的に残った名が、


-----------------

Lara(ララ) [アイスランド語]

意味:光,明るい,陽気な人

提案者:はるるか様

-----------------



紆余曲折あって、ついに娘の名前が決まりました。
ウィルとの間に産まれる子の名は、Lara Stray Catです。
はるるかさん、本当にありがとうございます…!!m(_ _)m


他のタルパー様方に娘の名のアイディアを募るという、私にとってはまるで未知数の名づけとなりました。批難されてしまうかも…と、内心不安でいっぱいでした。それでも、はるるかさんをはじめ、多くの方から素敵なアイディアをいっぱい頂けました。


優しいタルパー様方に囲まれて、私は本当に幸せなタルパーライフを送らせて頂いております。
アイディアをくださった皆様、本当に、本当にありがとうございました…!!!!m(_ _)m


タルパとの生活 | コメント:0 |

大阪オフ会

- 注意

今回は、タルパブログというより、ただの旅行記みたいな色の強い文面となりました。
その点を踏まえてご覧頂ければと思いますm(_ _)m



----------------------------------------------------------------


9月11日、12日の2日間にわたり、taken氏、コルク芯氏両名とオフ会をさせて頂きましたので、その記録を残しておきます。


10時30分頃、大阪駅に到着。
両氏と合流を果たしました。そういえば、当初は12時以降の集合の予定だったのですが、共一家の食べ歩きに両氏も参加されるということで、三人一緒になって道頓堀に突撃。


大阪といえば、食べ物が美味いということで、予め狙いを付けておいたお店に突撃。

・たこ焼き屋 : たこ焼き道楽わなか
・シュークリーム屋 : ほっぷしゅうくりーむ
・から揚げ屋 : 金のとりから


美味☆


さすが、大阪ですなー。
一方、当のお二人は、

taken氏:「僕、言う程食べられない人なんです…」
コルク氏:「食べ歩き、あまり好きじゃないので」

あらら、お二人ともごめんなさい、てへぺろ☆
せっかくだからそのままもう2~3軒くらい巡って、二人の腹を爆発させるという私の腹黒い計画もry
さすがに可愛そうなので止めました…w


で、次。
池田のインスタントラーメン発明記念館に突撃しました。


ここは、かの日清食品の創始者にして、日本初のインスタントラーメンである「チキンラーメン」の生みの親、安藤百福氏の功績を記念して建てられた施設で、チキンラーメン誕生までの歴史を紹介する展示ブースや、日清食品から販売されてきた歴代のインスタント食品たちが並ぶコーナーなど、ラーメン好きには堪らないミュージアムなのです。


そして、ラーメン好きといえば…


ミーテ:「き、共様っ…!!ここ、凄いですね…!!!(ハァッ ハァッ」


共家随一のラーメン好きメイド様がよだれを垂らして大興奮。
とりあえずよだれ拭こうか…(^^;


興奮するミーテさんを連れて、館内巡り開始。
ご覧ください、こちら。


大阪オフ会 01


壁一面のインスタント麺


これにはウィルもご満悦。
ミーテさんに至っては「これ全部食べたいです!」と。無理です(^^;


で、その後。


taken氏:「せっかくなので、オリジナルのカップ製作体験していきません?」


ほほう、それはそれは…
記念に是非やっていきませう。


まず専用自販機でカップヌードルのカップのみを購入。
そこに、お好きなイラストを描いてください、なることだったのですが、


大阪オフ会 02


描くものが無さ過ぎて、気が付いたら数式ばかり書いてました。



おもっくそ、両隣のお二方から「なんでやねん(^^;」みたいな顔で見られました。
ちょっと、地方の科学館のお土産みたいな感じでオシャンティーじゃないですか? ←
ダメ?ダメか…w


その後、カップの中にインスタント麺と具材を入れて、機械にかけてラッピング。
世の数理学嫌いたちを抹殺する殺戮ヌードルの完成です。


で、インスタントラーメン発明記念館を出た後、家具店のニトリに寄りました。
ダイブ先の空間に置く家具の参考になればということで、ベッドコーナーやらカーペットやらクッションやらを物色。あまり語ったことがありませんが、当家のダイブ先の家屋は思いっきり和風建築なので、マッチする家具を見つけるのはなかなか困難でした。ミーテさん、確か土間みてぇな部屋で料理してたんじゃなかったかな。とはいえ、日頃こういう場所を訪れる機会もあまりないので、チャンスとばかりに色々見て回らせてもらいました。


で、その後もいくつか経由地点とかはあったのですが、長くなるのでカット。


夕食を済ませ、初日のシメは梅田スカイビル展望台。
taken氏、高所恐怖症と言いつつ、「せっかくなので記念に」と言って、ビルの最上階に位置する展望台へと案内してくれました。無理しなくても良かったのよ?w


で、展望台からの眺めがこちら。


大阪オフ会 03


嫁とイチャ付きつつ、素敵な時間が過ごせました。


そんなこんなで初日終了。


二日目。
13時くらいから行動開始。


この日はまずPanasonicセンターリビングフロアへ突撃。
中は全て撮影禁止だったため、写真はありません。代わりにリンクを貼っておきましたので、そちらをご参照ください。


ここもまた、ダイブ先の空間の参考になりそうだということで、全員で物色。
家具は勿論のこと、ドアノブや水道の形状、さらにはLED照明器具など、そういった細かなパーツの品揃えが豊富だったため、参考になりました。普段、そこまではなかなか考えたりイメージしたりしませんものね。


その後は昼食をとり、今度はどこぞのオフィスビルの上階の休憩所でだべりました。
ここでtaken氏、ご自宅から持参された小道具をお披露目。


大阪オフ会 04


黒いプラ段ボールのケース内に、透明なアクリル板を斜め45度にしてはめて作った、簡易3Dプロジェクタ。上面にiPadを置き、MMDで作った映像を再生すれば、ご覧のようにキャラクターがBox内で動いてくれます。
ウィークポイントとしては、昼間だとやや薄く見えてしまうことでしょうか。これが昼夜問わず見える工夫が出来たら、工作としての完成度がぐっと跳ね上がりそうです。


その後、話題は「気のボール」の話へと移行。これは、私がタルパーとして一番最初にオフ会をさせて頂いたお相手であるさやあきさんから教わった技法で、その後それを応用した視触覚化の訓練法を私自らが発案、当Blogでの公開に至ったという経緯のあるテクニックです。


というわけで、私が目の前で実演してみたところ、それを見たtaken氏、あっさりとマスター。
因みに彼は、それまで「気のボールが作れない…」とお悩みだったようです。が、こんな具合に、私には無理っ!とお思いの方でも、やってみるとあっさり出来てしまう技なので、興味のある方は是非トライしてみてください。超能力でも魔術でも何でもないので、特殊能力なんか持ってねぇぜ…とお嘆きの方でも、やれば出来ます。やり方は、リンク先(『気のボール』って書いてあるところ)に詳しく載せておきました。


その後も同じ場所に座りながら、ひたすら雑談。気付けば3時間くらい経ってました。
時間もいい感じということで、大阪駅でお土産を買って、そして解散。


食べたいものは食べられたし、参考資料としての家具も見られたし。
色々と興味深いものが吸収出来た旅行でした。


何だか今回はあっさりとした文面となってしまいました…旅行色が強かったですね…w (^^;
何はともあれ…この辺で閉幕とさせて頂きます。ありがとうございましたっm(_ _)m

タルパとの生活 | コメント:0 |

オフ会 with のっけるさん

のっけるさん:「共さん、今日のオフ会のレポート、書いてみてもいいですか??」

共:「ええ、もちろんどうぞ」

のっけるさん:「やったー!!えへへ、共さんのオフ会レポートも見てみたいなー」


-------------------------


といった感じのお話がございましたので、筆を取らせて、というかパソコンを開かせて頂きました。


2017年7月9日(日)


本日は、タルパーのっけるさんがお住いの県に足を運び、1日オフ会させて頂きました。
駅に着いてしばらく待機していると、一人の華奢な女性がお声をかけてきました。


「あの…共さん、ですか?」


かなり緊張していらっしゃるご様子。
そりゃま、私と年離れてますし、緊張されるのは当然でしょう…;
本日は私とサシでのオフ会なので、必然的に私が年長者となります。下手に緊張感を与えるわけには参りません。そんなことをしたら、タルパーオフならではの「醍醐味」が、お互い体験し難くなりますので。詳しくは後述します。


その後、目的地までバスで移動する傍ら雑談を重ねていると、お互い少しずつ緊張が解れていきました。そして、どちらからともなく、互いのタルパの話へと話題が移行。


のっけるさん:「私、タルパーさんとのオフ会で、他の方のタルパさんって見たことがないのですが…ウィルちゃん、今そこに居ますか?」

共:「居ますよ。私の間隣に。ところで、のっけるさんのタルパさんも今どこかに居ますか?」

のっけるさん:「居ます。共さんの膝の上に、榊が乗ってます」(※榊さんは40cm程度の大きさ)

共:「おや。榊さん、いつもお世話になってます(ペコッ」


このとき、私の目には当然榊さんの姿は見えません。
しかし、ちゃんと視えてます。


のっけるさん:「視えるんですか?」

共:「私の視覚化の技量では、完璧ではありませんが、でも視えます。笑顔が可愛いですね。頭はこの辺かな?なでなで…おや、お帽子被ってます?」

のっけるさん:「はい、被ってます!」

共:「おー、可愛い!ギュッってしたくなっちゃう…」

のっけるさん:「いいですよー」

共:「いいのっ!?やった!!(ギューッ」


どうやって視てるの?という疑問は湧くと思いますが、その辺は情報提供者の許可が下りない限り、ぼかします。
しかし、ちゃんとそれ相応の理屈と作法に則れば、お相手のタルパさんも視えてきます。


その後もオフ会を続けていくと、ある不思議なことが起こりました。


それはとあるカフェで、私とのっけるさんがショーケースの中のケーキを選んでいたときのこと。


共:「どれにしよっかなー。んー、ウィル、ミーテ、二人で選んでいいよ」

ウィル:「あたし、これがいい!」

ミーテ:「私は、こっちがいいです!」

共:「じゃんけんやな」

ウィル/ミーテ:「じゃんけん…ぽん!」


結果は、ウィルがパーで、ミーテさんがチョキ。
かくして、ミーテさんの希望が通ることになりました。


共:「のっけるさん、お待たせしました。たった今、タルパ二人でじゃんけんして、ミーテさんの希望が通りました」


これに対し、のっけるさんが放った言葉が。


のっけるさん:「…。今、チョキで勝ちました?」


これには相当驚きました。確かに当てずっぽうだとしても確率は1/3なので、偶然と言われれば偶然かもしれません。しかし、果たしてこれは本当に偶然でしょうか。


共:「!!? …な、なんで分かったの?」

のっけるさん:「え、いえ、あの…何となく、視えました…」


どうやらのっけるさんには、私のタルパの姿が本当に視えたのかもしれません。
…いや、さっきまで他の人のタルパさん視たことない言うてたやん…;


さらにその後、電車で移動するべく駅構内を歩いていた時のこと。
ウィルが人混みを避けるべく猫に化けて小型化し、エスカレーターの手すりの上をすたこら歩いて、私達より先に上がっていってしまったのです。


共:「あ、ウィルが猫に化けた。人混みだとその技便利だよなー」

のっけるさん:「ウィルちゃん、猫に化けたんですね。ウィルちゃーん!抱っこー!」


のっけるさんが両手を広げて構えていると、ウィルがタタッと走ってきてのっけるさんの胸の中にジャンプ。のっけるさんの右肩にグデーッと身体をくっつけてリラックスしてました。その様子をぼーっと眺めていたら…


のっけるさん:「おー、よしよし!…あ、右肩に寄りかかってます?」


またしてものっけるさん大当たり。


共:「え……何で、分かった、んですか…?」

のっけるさん:「何となく、ですね。あと、何かが右肩にフワッと乗ってきた感じがありました(ニコニコ」


何かが乗ってきた、と語るのっけるさん。
右肩、というお答えは、本当に本当に偶然?


その後も、事あるごとに「今、私の後ろ歩いてます?」とか、「握手握手!…あ、ちょっと温かい!」といった不思議な発言を繰り返すのっけるさん。さすがに的中率100%とはいきませんでしたが、それでも概ね当たってました。少なくとも、私のタルパがどの位置に居るのかくらいは、気配で読み取っていらっしゃったように私には思えました。ぶっちゃけマスターの私より、のっけるさんの方がウィルやミーテがよく視えていらっしゃったのでは…?;
のっけるさんの視覚化のセンスの高さに、唯々驚かされる一日となりました。


話を冒頭に戻すと、これが、私が思うタルパーオフならではの醍醐味、「相手のタルパさんとのコミュニケ―ション」です。


これが成立するための条件はいくつかあると思いますが、少なくとも「互いの間に緊張が走っている状態」だと、成立しずらい現象であるのは確実だと思います。これについては、科学的側面、魔術的側面etc. 様々な切り口から語れるものですが、ここで長々語ることは出来そうにないので止めておきます。


理屈はどうあれ、のっけるさんがウィルやミーテを視てくださったという事実は、私の中では間違いなく真実です。嬉しかったです。とても嬉しかったです。何しろ、私以外の方に私のタルパの存在をはっきりとお認め頂けた上に、コミュニケーションまで図って頂けたのですから。


非常に充実した楽しいひと時を過ごせました。
1日お付き合い頂き、本当にありがとうございましたっ!!m(_ _)m


タルパとの生活 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>